就職活動応援サイト サポートナビ一覧

転職の志望動機を書く前に

履歴書の志望動機の部分は、転職にとって非常に重要です。自分自身で志望動機が重要だということは分かっていても、内容を疎かにしている方も案外たくさんいるようです。

というのは、空欄が多くなってしまったり、自分の言いたいことだけををダイレクトに書き込んでしまったような履歴書になっていないでしょうか。その中でも、よく見かけるのは適当に志望動機を書いてしまったり、履歴書のマニュアルどおりに写したりしてしまっているものです。

転職活動をスムーズに行うえで、履歴書の志望動機をきちんと書くことは面接に至るまでに必要なポイントなのです。志望動機を安易に考えていては、転職を成功させるのは難しいと言えるでしょう。

どうして今の会社を退職してまで、その企業を選ぶのでしょうか。それは転職活動を行っている自分自身がじっくりと考えるべきことです。志望動機には、志望する会社への熱意をきちんと書くべきですし、マニュアルのような内容ではなくて、人事担当者に熱意をしっかりと伝えることが必要ではないでしょうか。

履歴書に書く転職の志望動機の内容がなかなか浮かばない場合は、その企業を多くの企業の中から選択した理由を思い出しましょう。そして自分がその企業に何を求めているのかということをもう一度考えてみましょう。

なかなか難しいという場合は、サイトや本で転職時の志望動機の書き方を載せているものがあるので参照しましょう。ひとつ気をつけたいのは、これはあくまで参考程度にしておくということです。人事担当者は何人もの応募者の履歴書を見ているからです。熱意が伝わる内容にするためには、最終的に転職の志望動機をしっかりと自分の言葉で書くことが大切ではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。